ホーム » レッスン案内 » 桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」松本教室 » 授業内容

授業内容

ソルフェージュ科、ピアノ科、ピアノ桐朋特別コース、ヴァイオリン科の各クラスで、
一人一人きめ細やかな指導を受けています。

ソルフェージュ科

初歩クラス これから音楽を始める、または始めてまもない就学前の幼児のためのクラスです。
楽器を演奏するために必要なソルフェージュとピアノの導入を行うことができます。歌い、聴き、身体を動かし、のびのびと音楽に接していきます。それらのことから音楽的な感覚を養うことができます。
本能的な感覚が鋭敏なこの時期こそ、良い学習が必要と考えています。約一年の学習を経て、ソルフェージュ科、ピアノまたはヴァイオリン科へと進んでいきます。
初期コース
(年中・年長小1)
「歌うこと」と「踊ること」、そして「表現する喜び」は音楽の根源に通ずるものです。生徒は、体を動かし、歌うことを通して、リズム感・拍感・フレーズ感・音程感を自然に身に付けながら、少しずつ楽譜の仕組みを理解していきます。また、調性や和音についても実際に体験しながら学んでいきます。楽器を弾くためには、「情緒面」・「運動性」・「読譜を含めた音楽力」が必要です。私どもとしては、この時期は特に、「情緒面」・「運動性」を育てることを大切にしています。
中期コース
(小2~小6、中学生)
生徒は、演奏を豊かなものにするための音楽的な基礎能力と感覚を磨いていきます。メロディー、ハーモニー、リズム、曲想など、楽譜に書かれているあらゆる事を理解できるよう学んでいきます。演奏する際に楽譜から音楽を読み取りイメージを創り上げ、表現できる力をつけていきます。このコースでは、個人レッスンでは得られないこの大切な音楽体験を核として授業は進められます。
後期コース
(中学生・高校生)
生徒は、演奏を豊かなものにするための音楽的な応用力と感覚を磨いていきます。中期コースで学んだことに加え、より高度なリズム、音程、ハーモニー等を聴き取ることができるようにしていきます。また、曲の色合いを感じ、フレーズや強弱などを読み取りながら表現することができます。西洋音楽に多様な和音、幅広い調性、複雑なリズム、音階など音楽原理について理解することのほかに、音楽様式、西洋音楽史等音楽一般常識について理解することができます。オーケストラ、室内楽の楽譜も取り上げ、演奏する際により深く楽譜から音楽を読み取りイメージを創り上げ表現できるように、楽曲の構成、和声等、演奏に結び付けられる高度な内容を扱います。
受験コース 音楽高校、音楽大学などへの進学を希望する生徒のために徹底した指導を行っていきます。生徒は、希望校合格のための音楽的能力を身につけることができます。

ピアノ科

ピアノ科イメージ
当教室のピアノ科では、すべて個人レッスンで行われ、子ども一人ひとりの成長、個性を大切にした目標に合わせたきめ細かなレッスンを受けることができます。子どもたちの音楽を楽しむ心を大切にしながら、姿勢や座り方、手指の形や呼吸といった、ピアノを弾くための基本テクニックを学ぶことで、表情豊かな美しい演奏を目指しています。
ソルフェージュ科と連携したレッスンにより、楽譜の読み方、演奏曲の様式なども勉強することで、総合的に音楽力を高めていきます。作曲家の真意にふさわしい表現を自ら考える演奏を目指します。
桐朋学園大学の教授などのレッスンを受講することができます。
実技試験が受講できます。室長はじめ、全講師が審査に当たり、それぞれの講師からアドヴァイスが受けられます。これからの勉強の指針となります。
各種ピアノコンクールやオーディション入賞を目指した、高いレヴェルのレッスンを受けることができます。
経験豊かな講師が、音楽高校・音楽大学の合格に向けてサポートします。

ピアノ桐朋特別コース

ピアノ桐朋特別コース
桐朋学園創設期の理念である「早期教育」を時代に即した形で実践し、充分な基礎教育を行い、世界の音楽界で活躍できる人材の育成を行うための特別レッスンコースです。
コース生は、さらなる高度なテクニックや専門知識を習得することができます。
コース希望者には、選抜試験を行い、一定の基準に達した者のみが受講可能となります。全年齢、全学年を対象としておりますが、原則として当教室でピアノ科を履修している生徒に限ります。
当教室室長廻 由美子他、桐朋学園の教授陣のレッスンを年4回受けることができます。
教室生全体の発表会の他に、桐朋特別コース生の発表会を行い、ステージで演奏することができます。
試験や発表会の際、全講師から直接アドヴァイスを受けることができます。
桐朋学園大学附属の音楽高校、桐朋学園大学(またはそれと同等以上のレベルの学校)の受験を目指す徹底した実技指導を受けることができます。

ヴァイオリン科

ヴァイオリン科イメージ
当教室のヴァイオリン科では、すべて個人レッスンで行われ、子ども一人ひとりの成長、個性を大切にした目標に合わせたきめ細かなレッスンを受けることができます。子どもたちの音楽を楽しむ心を大切にしながら、姿勢や、手指の形や呼吸といった、ヴァイオリンを弾くための基本テクニックを学ぶことで、表情豊かな美しい演奏を目指しています。
楽器への正しい接し方を学び、楽曲を正しく読み取る訓練や、表現をするために必要なテクニック、練習方法を学び、高い演奏技術の習得を目指します。
ソルフェージュ科と連携したきめ細やかなレッスンが受けられ、発表演奏会でのアンサンブル等を通し、総合的に音楽力を高めていきます。
実技試験が受講できます。室長はじめ、全講師が審査に当たり、それぞれの講師からアドヴァイスが受けられます。これからの勉強の指針となります。
全国の音楽教室生対象のオーケストラ集中セミナーが受講できます。
(小学5年生より。但し、ある一定のレヴェルに達している事。室長、講師の承認が必要です。)
ヴァイオリンは自分で音程を作っていく楽器です。ソルフェージュを学ぶ事で、優れた音程感覚やハーモニー感覚が培われていき、そうする事で一つの音の、もっと深い所にある響きを想像し、聴く事ができるようになり、ヴァイオリン演奏の上でとても大きな力となります。

授業料のご案内

初歩クラス
(3才~6才)

(税込 ・会場費別)

月額  10,800円

ソルフェージュ科
就学前( 4才~6才 )
小 学 生
中学生以上

(税込 ・会場費別)

月額  10,800円
月額  14,040円
月額  16,200円

専攻実技科
( ピアノ・ヴァイオリン )
年40回コース (60分)
年40回コース (30分)
年20回コース (60分)

(税込 ・会場費別)


月額  27,000円  (X12ヶ月) 
月額  14,040円  (X12ヶ月)
月額  15,120円  (X12ヶ月)
*兄弟割引(2010年4月より施行)
第二子 85% 第三子 70%(レッスン料に対し)

冷暖房費(会場費)
在室生徒全員

(税込)

月額   1,080円 ( 年額12,960円 )

入室試験検定料・合格者入室金
検定料
初歩 検定( 面接のみ )
ソルフェージュ 検定
実技 検定
入室金
就学前( 幼児 )
小学生以上

(税込)


3,240円
5,400円
5,400円

10,800円
21,600円

PAGE TOPへ