fuzz

エフェクター

松本駅前店

ファズ electro-harmonics OP-AMP Big Muff

  • 松本駅前店展示
ファズ electro-harmonics OP-AMP Big Muffイメージ01

定価¥15,000(税別)

1970年代後半のオリジナルの Opamp Big Muff が途方もない価格で販売されていることを受けて、Mike Matthews は、多くのプレイヤーがこのクラシックなペダルを手軽に購入できる価格でリイシューすることにしました。新しい Op-Amp Big Muff の回路は、IC または V4 Big Muff とも呼ばれた時期のものを忠実に再現しており、コンパクトなダイキャストシャーシやトゥルーバイパスといったいくつかの実用的な機能も加えられています。

“Op-Amp Big Muff は、Smashing Pumpkins の1993年リリースのアルバム「Siamese Dream」で才気溢れる Billy Corgan が最初に使用したことによって一躍脚光を浴びました。本機の試奏動画を撮り終えた後、リイシューモデルについて Billy Corgan はこう語っています。「マジックはまだ箱の中にある。僕は探している物をまだ手に入れることができるんだ。」” – Mike Matthews

このペダルでは、そのシグネイチャーサウンドを生み出す為に増幅素子にトランジスタではなくオペアンプを採用し、ゲインステージも従来の4段ではなく3段で構成されています。Big Muff コレクターであり歴史にも詳しい Kit Rae はそのサウンドについて次のように述べています。“非常に大音量で破壊的な Big Muff サウンドで、より歪みを伴います。グランジや壁のように分厚いディストーションサウンド、ヘビーなリズムやリードプレイに最適です。”

輸入元のOP-BigMuffの紹介はこちら