distortion overdrive

エフェクター

松本駅前店

オーバードライブ Animals Pedal Diamond Peak Hybrid Over Drive

  • 松本駅前店展示
オーバードライブ Animals Pedal Diamond Peak Hybrid Over Driveイメージ01

(本体価格・税抜き¥12,800)
茶色いアニマルズペダルMajor Over Drive と 設計元Skreddy Pedalsが生産しているHybrid Over Drive の中間的なオーバードライブ。
Hybrid Over Drive の色気を維持しながら、歪みを深くしたり音も密度濃く太くなって色々なバンドでバッキングやリード、ソロなどを使いやすそうな感じに作られています。 幅広いユーザーにおすすめですが、バンドで使える実用的な部分とエモーショナルなプレイができる要素を兼ね備えたドライブペダルをお探しならぜひ試してほしい1台です。

~発売元のLep International のアニマルズペダルHPより~
ロックの伝説となった60~70年代のUK高出力アンプを使用し、多くの名手が奏でる、“歪んでいるのに透明な”ハイブリッドトーンをコンパクトペダルで。

70年代前半ごろのブリティッシュチューブアンプが持つ、本物のロックサウンドをコンパクトペダルで生み出します。クラシックロックトーンを極めたSkreddy Pedalsによる設計で作られるこのペダルは、ミッドレンジを中心としながら、アンプが歪み始めるときに放つきらめきをペダルに収めました。

Major Overdriveを基本にゲインを落とし、ヘッドルームを拡げました。軽めのゲインながら存在感がある歪み。ゲインを上げても音が濁ることなくパンチのあるカッティングを実現し、強力なトーンコントロールがトップエンドのざらつきやノイズを抑え、さらに絞ればよりダークなトーンへと変わります。

音の粒が細かく、和音がきれいに分離する音は美しくバランスされ、アンプライクなアタックが作る歯切れのよいカッティングで特に映えます。ギターのVolumeコントロールやピッキング、ピックアップの選択により表情を付け、プレイヤーの情熱をそのままサウンドへと出力するようなペダルです。

クラシックな真空管アンプの最もおいしいところ。軽くプッシュされたトーンをいつでもペダルで作ることができます。

●コントロール
VOL:全体の音量を調整します。
TONE:音色のバランスを調整します。
GAIN:歪みの強さを調整します。

●スペック
消費電流:1mA
インプットインピーダンス:220K
アウトプットインピーダンス:10K

Diamond Peak Hybrid Over Driveはトゥルーバイパスフットスイッチを採用し、9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。

※電池をご使用になる際、エフェクターを保管する時は電池の消耗を抑えるためにインプットジャックからプラグを抜いておいてください。また、長期間ご使用にならない際は電池を外して保管してください。

Animals Pedal × Skreddy Pedals

細部にまで徹底的にこだわり抜いたペダル。Skreddy PedalsのMarc Ahlfsが制作するヴィンテージトーンは、世界中のプレイヤーが渇望する、一度味わうと忘れられない、感動的なサウンドを作り続けてきました。
圧倒的なサウンドを作るSkreddy Pedalsのエフェクトは、ヴィンテージパーツやレアなパーツを惜しみなくつぎ込む、贅を尽くした作りでも知られていました。そのため、どうしても数を作ることが出来ませんでした。

誰もが認める最高品質のサウンドを、もっと多くの人に届けたい。
それを実現させるため、Animal Pedalでは、ビルダーのMarc Ahlfsの設計、監修によるペダルをリリースすることになりました。
もはや伝説的な存在ですらある、Skreddy Pedalsの名前を載せる以上、そのサウンドも妥協のないものでなければならない。汎用のパーツで、Skreddy Pedalsの音を作ることが出来るのか、当初は不安もありました。

完成したペダルの音を聞いた瞬間、そんな不安は吹き飛んでしまいました。奥の奥まで丁寧に設計されたMarc Ahlfsの作品は、やはり圧倒的で最高品質のサウンドクオリティを実現していました。それも、完全にSkreddy Pedalsの音です。
ヴィンテージパーツやレアなパーツは一切使用せずとも、掛け値なしに最高の音色を作ることができる。Animals PedalとSkreddy Pedalsのコラボレートが、エフェクターの世界に新たな可能性を示します。