seventy seven

エレキギター

松本駅前店

Seventy Seven ALBATROSS-DX’20

  • 松本駅前店展示
Seventy Seven ALBATROSS-DX’20イメージ01

税込定価¥231,000
(本体定価・税別¥210,000)
ハードケース付属

セブンティセブンは、バッカス、momose、アコギのヘッドウェイなどを製造し流通させている長野県松本市のディバイザー社のオリジナルブランドです。 これまではギターが好きな人だったりマニヤの間で高く評価される地味な存在でしたが、近年、一般ギター好きの間でも認知が広がり人気の出ているブランドです。 ディバイザー社製品は、主に歴史的名機のコピーがものすごく評価されていますが、こうやってオリジナルなデザインをまとったり、製品にも工夫が施されているギターが一般のギターファンの方々に評価されてくるとやはりギターが好きな私もとても嬉しいです。

オリジナルな工夫が施されたセブンティセブンは、音楽を奏でるための道具「楽器」としてMade in JAPANを堪能できる信州の名品です。

新たなレギュラーモデルとしてリニューアルされたアルバトロスですが、大きな変化は、PUに、共同開発したMojotone製のオリジナル品Classic77を載せている事ですね。
アルニコ2マグネットを採用し、コイルターン数も抑えて低出力のPUに仕上げてあります。歪ませてもクリアな音質が保たれ引き締まったボトムエンドと長く音が散りにくいサステインが得られています。ヴィンテージPAF寄りのキャラクターながら抜けの良い豊かな中音域が特徴的です。

クリーントーンでの輪郭のあるタイトさやシャープさに加わった華やかさと、歪ませた時にセミホロウボディ由来の中域の厚みを伴って情感あふれるドライブ感があってとても気持ちよく弾けるのですが、それは飛鳥で作られるこのギターと、Mojotone PU の組み合わせの妙ですね。 入荷してからそれをさらに引き立てるセッティングにしてありますので、製造元や他店で同じモデルを弾いたことある方なら「同じギターなの?」って驚かれることでしょう。 また、Classic77がパーツ売りされているなら、旧アルバトロスユーザーさんもこのPUへ交換するとギターのポテンシャルがさらに広がる事でしょう。

【主な仕様】
ボディトップ:フレイムメープル
ボディ(バック):アフリカンマホガニー(センターブロックメープル)
ネック材:アフリカンマホガニー1P
指板材・R:インディアンローズ 310R
弦長(スケール):624㎜
ナット材・幅:Bone  43.0mm
ブリッジ:後藤ガット GE104B
テールピース:後藤ガットGE101A
ペグ:後藤ガットSD90-SL
ピックアップ:Mojotone/Classic 77 x 2
コントロール:2Vo,1To,3Way PU Selector
塗装仕上げ:シンウレタン(Thin Urethane)
出荷弦:エリクサー ナノウェブ10-46
ハードケース付属